コピー機はレンタルがおすすめ

近年オフィス機器を利用する場合に、実際にその実物を購入する企業は少なくなっています。個人経営のような小さな会社であっても、現在は多くがメーカーからのレンタルになっているでしょう。その理由としてレンタルの場合には、利用する側だけでなく貸し手であるメーカー側にも利点があるからです。例えばコピー機を例にしてみると、実際に購入した場合には値段が高いという事はもちろんですが、消耗品に関しては途中で減っていけば購入しなければならないコストであり、さらにコピー用紙等は別で費用が掛かります。

さらにコピー機は数年で新しい機種が発売されるので、購入した場合にはそれに対応している物に変えるには、再び新しい物を購入しなければなりません。基本的に新しくなればなるほど、インクの使用料や印刷のスピードが速くなったり、新しい便利な機能が追加されているものですから、作業効率が上がるはずなのです。その点でレンタルを利用した場合には、数年でそのリース契約が切れれば、また新たな機種のリース契約を結べば良いので、効率的です。また、メーカー側の利点としては、古い機種になればなるほど当然故障も多くなりますし、供給している部品が扱わなくなっていたりという場合もあるのです。

その場合には、古いコピー機に合っている部品をどこかから取り寄せなければならなかったりして、使用している方々にも面倒を描けてしまいます。このようにコピー機のみならず、オフィス機器はレンタルを利用する事をおすすめ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です