コピー機は買うよりレンタルがいい理由

どこの会社にも必ずあるオフイス用品の一つがコピー機や複合機です。日本の会社ではデジタル化がなかなか進みませんので、紙の需要は今でも大きいのです。官庁や大手企業でもコピー機はレンタルが多いのはなぜでしょうか。コピー機はメンテナンスが必要であり手入れが必要なのです。

必要な時に壊れて使えないとなったら、ビジネスに影響も出てきます。そのため、レンタル契約の中にはメンテナンスや修理費が含まれているのです。では、買った方が安いのではないかと思うかもしれません。しかし、新品のコピー機は何十万円もしますので、大手企業なら買えないことはないですが中小企業や個人経営の人にはコストが高くなるのです。

また、レンタルなら必要無くなったら返却すれば完了です。ずっと同じ機種を使うこともないでしょう。使ってみてオーバースペックに気づくこともありますし、足りない機能に気づくこともあるのです。そのような場合は、スペックを上げたり下げたりすることが出来ます。

つまり、レンタルは融通がきくという事です。今の世の中先がどうなるかわかりませんから、リスクを減らすことは大事だと言えます。家を買っても自然災害で壊れたり浸水したりすることがあります。賃貸なら家に関する心配は少ないでしょう。

もちろん、自分のモノにすることによって生まれるメリットがありますが、コピー機に関してはそのメリットは少ないのでレンタルかリースを選ぶ方がいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です