コピー機はレンタルとリースのどちらがお得か

コピー機のレンタルはその言葉通り企業から中古品として借りる契約です最短で1日からレンタル可能で、商品の搬入、設置から使用設定と撤去まで貸す側の企業が行います。全国どこでも無料配送で使いたい時に必要な期間借りられるシステムです。余分なコストが削減出来るので、個人事業主や小規模企業等の経費予算が限られた人達から利用されています。レンタルする際には、月額のレンタル料金と使用料金が発生します。

多くの企業は、コピー機本体とトナー料金は相手の企業が負担してくれます。また、借りる側に過失がない故障には代替品を提供しています。違約金もかからず、途中解約も可能です。混同されがちなのが、コピー機のリースです。

契約はこちらが大半を占めています。レンタルは使用時期とどれ位の間に何に使うのか明確にされている場合です。使用期間が長いとトータルで考えた時にこちらがお得です。リースの注意点としては、解約が出来ない所です。

仮に途中解約をするならば、一括精算を求められます。期間も3年以上からが主ですので、長期利用者に限られます。そして更にややこしい点は、審査があります。自分達の商品を長期で他に渡すのですから貸す側にも保証が必要です。

審査でチェックされるポイントは、支払いに関しての滞納歴があるかどうかです。3ヶ月の滞納歴があると信用回復に5年はかかります。コピー機の使用場所は、クライアント向けのセミナーや予備校、進学塾です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です