コピー機をレンタルする場合の注意点とは

コピー機のレンタルサービスには個人事業主でも利用可能で契約期間が短く、面倒な審査がないというメリットがあります。リース契約の場合は5年から7年ほどの長期契約が一般的で、途中解約すると料金2か月分の解約金と残債が発生します。さらに会社が倒産した場合には、連帯保証人である経営者自身が負債を負担しなければなりません。リースサービスには法人だけが利用でき、審査を受けなければならないというデメリットも存在します。

レンタルサービスは契約期間が3か月から2年ほどと短く、途中解約しても解約金は発生しません。法人だけでなく個人事業主も利用でき、審査がないためスムーズにコピー機を導入できます。ただしこのサービスは導入時に搬入・設置の費用や本体の代金が発生するので、一定の初期費用が必要です。リースならば本体価格や導入費用、設定費用などを毎月の料金で支払うことになるため初期費用がかかりません。

しかしレンタルサービスを利用する場合は、一定の初期費用がかかってしまうので注意してください。リースサービスは多くの機種の中から最適なものを選ぶことができ、メンテナンスはメーカーや専門の会社が行います。トラブルが起きた場合には基本的にメーカーが対応してくれるので安心です。レンタルサービスでは選べる機種が限られていて、メンテナンスは専門の会社が行います。

サービスを提供する会社によって、メンテナンスの体制に違いがあるので注意が必要です。コピー機のレンタルサービスを利用する場合には、メンテナンス体制の状況について事前に確かめるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です