コピー機のレンタル契約を行うメリットは

オフィスに導入するコピー機はリース契約の他にレンタル契約という選択肢があるという方は少ないといわれています。一般的に企業でコピー機を導入する場合長期契約を行うリース契約が主流となっていますが、ビジネス内容によってはレンタル契約の方が便利である場合もあるため、サービスの特徴をチェックしておくことをおすすめします。まずレンタル契約は契約者が法人の他に個人にも対応している特徴があり、本来貸し出しをしている会社側の審査が必要なことに対して、レンタルならば審査無しで利用できる手軽さがメリットの一つです。また短期利用を目的としているため、契約期間は通常2ヶ月から2年程度とされ途中で利用を解約したくなった場合でも、いつでも好きなタイミングで解約することが可能です。

ただしリースの場合かからない初期費用が発生することや、導入するコピー機は選べる機種が限定されてしまうので、最新機種やどうしても欲しい機能がある機種を利用したいという場合にはこの方法は適していません。またサービス内容には定期的な保守業者によるメンテナンスが受けられますが、基本的に保守を行うのはメーカーではなく保守業者に限定されます。しかし個人でも短期間コピー機を使用したいという場合にこのサービスは非常に便利で、途中解約をしても解約金などは発生せず使用した期間の費用のみ支払うので非常に料金内容が明確です。そして面倒な審査が不要なので、問い合わせから導入まで非常にスムーズに進めることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です