コピー機をレンタルで利用するメリットは大きい

ビジネスの必需品であるコピー機は、レンタルで利用するか購入して備品とするか、あるいはリース契約かで迷っている担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。購入するとなればかなり高額の初期費用が発生することや、減価償却などの事務的な処理が発生して手間がかかること、固定資産とされるため税金が発生することなどもあり、それらの手間や費用などがかからないレンタルに一日の長があると言えます。そのため多くのオフィスでは、コピー機をレンタルで利用しているケースが大変多く見られます。コピー機のレンタルは、専門に取り扱う会社から主に中古の機器を借り受ける契約することが一般的です。

この契約は中途解約が可能であることや、製品の管理は取り扱い会社が行い、使用者の過失によらない機器の故障時には臨時的に代替機が借りられるなど、柔軟性が高く利用しやすいものとなっています。似た契約方法にリースがありますが、それは新規購入を取り扱い会社が行いその機器を長期で借りる契約です。利用にあたっては審査があり、原則途中解約もできないこととなっていますので、比較的短期間での利用であれば、レンタルを選択するほうがメリットが大きいと判断できます。特に短期間でコピー機を利用したいといったケースに向いており、新規プロジェクトの立ち上げ時であったり開業直後の事務所で設置する場合であったりと、適している場面は多くあります。

質の高いコピー機を、割安で気軽に利用できる方法ですので、ぜひ一度検討してみることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です