コピー機をレンタル契約で導入するメリットデメリット

コピー機の導入は、一般的にリース契約で行われます。一方で、その導入は実はレンタルでも可能です。その際、リース契約は5から7年などのある程度長期的に契約を結ばなければならず、途中で解約した場合リース残債に加えて解約金の支払い義務が生じます。これに対して、レンタルであれば短い期間でも問題なく契約できます。

また、契約期間が短いがゆえに新規で法人を立ち上げた場合や新規事業をスタートさせる個人事業主などであっても手軽にコピー機を導入できる間口の広さもレンタル契約の特徴であり魅力です。加えて、リースでコピー機を利用する場合高額料金の契約となるので連帯保証人を付けた上で厳しい審査に通らなければ契約を結ぶことはできません。契約書自体にも個人のローンと同レベルのボリュームがあり、場合によっては審査にそもそも通らないこともある点には注意が必要です。一方で、長期間の高額な契約でないレンタルであればそのようなことはありません。

そもそも審査を受けることなくコピー機を導入することができます。ただし、レンタル契約の場合搬入設置費用やコピー機本体の代金を初期費用として支払わなければなりません。この初期費用という疑念がリース契約の場合機器本体や導入さらには設定費用などの合計金額を毎月の費用でならしてその支払いを行うので、そもそもその概念がありません。また、導入できる機種の種類がリース契約に比べて少ないことも念頭に置いておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です