イベントにも適したコピー機レンタル

大企業が新製品を発表する機会といえば、たとえばテレビコマーシャルや新聞チラシ、代理店を通じた営業活動などが考えられますが、中小企業にとってはいずれも費用がかかりすぎて現実的とはいえません。そのようなときには商工会議所をはじめその他の商工関連団体が主催する見本市や展示会などに参加をして、会場内で広く顧客を募るのがもっとも効果的な方法といえるでしょう。しかしこのような短期間のイベントであったとしても、参加者側ではブースを設置し、プレゼンテーションのための映像やパンフレット、展示パネルなどを用意しておかなければならず、なかなかの大仕事といえます。できればブースのなかにコピー機も設置して、製品の仕様をよりくわしく知りたいという人に資料をその場で印刷・配布することができればなおアピール力が高まります。

このような短期的なコピー機の需要に対しては、コピー機のレンタルサービスを利用する方法があります。レンタルであれば一日単位でも契約ができることがほとんどであり、納期もほとんど待たずに注文を受ければ即納というケースもみられます。会場内への搬入や搬出などの作業もレンタル会社に依頼することができますし、その一環でめんどうな配線の取り回しなどもしてもらえます。もしも使用している最中に故障やその他のトラブルがあった場合でも、レンタル会社のほうでメンテナンススタッフを手配して修理をしてくれますので、安心してイベントに集中することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です