コピー機のレンタルとリースの大きな違い

コピー機を購入するという方法だけでなく、借りるという方法での活用方法もあります。ただし借りるという方法にもレンタル契約とリース契約との2種類があり、それぞれの特徴なども多いく異なっている事を把握する事が大切です。実際にコピー機を利用する上でレンタルとリースで悩んでいる場合は、大きな違いを理解する事がポイントです。まず借りるという事自体は同じになりますが、利用期間に差があるのが特徴となります。

レンタルの場合は1週間や1ヵ月といった期間の他に、1日だけといった短期的な利用できの契約が可能です。逆にリースの場合は年単位での契約が基本となり、最低でも3年から7年の期間での契約利用になります。選べるコピー機にも違いがありレンタルの場合は機器自体を選べることは少なく、利用できるタイプも古い機種などが多いです。リースの場合は最新機器でも利用する事ができ、逆に古いタイプの機器はあまりない事が多くなります。

また契約をする際の審査については、レンタルは審査がありますがリースの場合はしっかり審査が行われるのが基本です。費用面で言うと短期的に利用できるので費用は割高ですが、リースの場合は長期契約が必要ですが月の利用料は低く抑える事が出来ます。実際に借りるという事自体は同じであっても、まったくないように違いがある事がわかります。そのためまずは利用する期間の長さと費用面を比較したうえで、より有効的な手段を選ぶ事がポイントの1つです。

コピー機のレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です