健康を脅かすねずみの駆除

ねずみは病原体の巣窟

自分で実践できるハト駆除・対策方法

time 2021/05/15

自分で実践できるハト駆除・対策方法

一戸建て・マンションは元より、駅のホームや施設などさまざまな箇所に出現するハト。放置すれば騒音・フンによる害虫や病原菌の発生、フェンスなど金属部の腐食などの二次被害へと繋がります。自分でできるハト駆除方法として、ハトよけネット・スパイク(針山)・忌避剤の3つを組み合わせることをおすすめします。ネットによりハトはもちろんカラスの侵入を防ぎ、留まりやすい室外機の上などにスパイクを設置することでハトが留まることを回避。

また、野良猫に悩まされている場合にも役に立ちます。忌避剤に関しては効果が高いものの、定期的に散布する必要があります。既に一日の行動パターンの中に組み込まれてしまっている可能性が高いため、一度追い払ったあとも数ヶ月にわたって対岸のマンションや電柱から毎日偵察にやってきます。その間、欠かすことなく散布したり見回ったりすることが大切。

また、ハト駆除に限らず、鳥類を追い払うのに効果的なのが磁石です。体内に磁石を持っており、強力な磁場に入り込むと体内の方位磁石に狂いをきたすことから、強い磁場のある箇所を好まない傾向にあります。ネオジウム磁石・フェライト磁石など、磁力の強い磁石を数個、間隔をあけてベランダや物干竿に吊ると良いです。他に、ハト駆除だけでなくカラス撃退にも有効なのがテグスです。

丁度ハトが飛来する箇所や巣の周囲の、ハトの首や胸の高さになる位置にピンと張ります。身体に物が触れるのを嫌がるハト・鳥類にとって効果があるため、よくカラス対策として町内のゴミ捨て場などにもテグスを用いるほどです。一度お試しください。また、バラ・ローズゼラニウムなど、自らの身体を傷つけるトゲがある植物も苦手で、これらを植えている場所には近付きません。

忌避剤の他、ハーブのローズマリーなどの香りも苦手です。景観を気にするという方は、こういった観賞用としても美しい植物を植栽すると良いでしょう。

down

コメントする