自毛植毛のメリットとデメリット

薄毛に悩んでいる人にとって効果が高い自毛植毛は今人気の治療法です。薄毛は様々な原因が考えられますが、男性の薄毛は男性ホルモンによるものが多いとされています。

コトバンクをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

このような人に非常に有効な植毛について詳しく見ていきましょう。

自毛植毛とは文字の通り自分の髪の毛を移植する方法です。

具体的には後頭部や側等部などの男性ホルモンによる薄毛の影響を受けにくい部分の髪の毛を薄毛部分に移植します。自分の髪の毛を移植するので、メリットとしては拒絶反応がなくトラブルも少ないと言えます。

待望の自毛植毛に関する企業の一覧です。

また、95%と高い確率で定着することが期待でき、一度定着すれば半永久的に自分の髪の毛として伸びたり生え変わったりします。

せっかく治療を受けるならば、成功率が高いのは嬉しいポイントです。



また、治療後は自分の自然な頭皮と同じです。

年齢を経るごとに周りの髪の毛と同じように白髪になるので、いつまでも自然な仕上がりを維持できます。しかしもちろんデメリットもあります。

自毛植毛は自分の髪の毛であり、髪の全体量を増やすことはできません。

したがって本数に限りがあり、どこからどのくらい持ってくるのか、計画的に進めていく必要があります。

このため、全体的に薄毛が進行している場合には頭皮の採取が行えない場合もあります。


また一度の手術で増やせる髪の密度には限界があるので、必要な移植を全て行うには何回かに分けて手術を行います。

ある程度の期間が必要なので、即効性を期待する人には少し残念かもしれません。このようなメリット、デメリットを考えた上で納得して治療に進むことが大切です。

コンプレックスがなくなるということは、明るく前向きに過ごせるようになるでしょう。治療を考えている人は、ぜひ積極的に行動してみましょう。